BLOG

こんにちは。
梅雨に入りじめじめした日々が続くようになりましたが、こちらは昨日から珍しく晴れています。
皆様のところはどうでしょうか?
COVID-19の影響で相変わらずままならない日常生活を送っている方も多いと思いますが、明るい兆しも見えてきましたね。このまま良い方向に向かっていくことを心から祈願しています。

今回は新刊のお知らせが2つあります。

◇まずは6月25日配信予定のこちら◇

イヤルキス様より『孤高の魔法使いは初恋の新妻を手放せない』
イラストはSHABON先生です。

「俺もだよ。俺も今すごく君が欲しい……もう、どこへも行かせないって、決めた」一度は婚約破棄をしたものの、再び元婚約者である第三王子ジークハルトと結婚することになった伯爵令嬢のレーナ。初恋の相手とはいえ、別れた時の彼の安堵した表情がずっと胸に突き刺さっていて……。案の定、再会した彼はレーナに冷たいが、初夜をきっかけに徐々にその冷たい仮面がはがれ始める。そして彼女を突き放す理由となった王家の陰謀が明らかになった時、ジークハルトは長く己を戒めていた箍を外してレーナを激しく愛し始める。本当の意味で初恋の相手と繋がった悦びに、新婚の二人はなかなか自分を抑えられず――?

(ジュリアンパブリッシング様公式HPよりあらすじ抜粋)

ヒロインのことが好きすぎて拗らせまくっている訳あり過去持ちヒーローと、ヒーローを一途に愛するヒロイン(※傍からみれば非常に健気なのに、当の本人はメンタルが強いせいであまり悲壮感はない)な組み合わせで書きました。二人の想いが真に通じ合う馬車の中での会話シーン。そして敵役キャラとの対決シーンが一番書きたかったところです。この熱い想いよ、届け!
ヒロインによって救われる孤独なヒーローが好きな方、そして両片思い要素が好きな方には刺さるお話になっているといいなぁ。
各種電子書籍ストア様で配信予定ですので、気になる方は是非!

◇次に7月19日発売予定のこちら◇

ティアラ文庫様より『悲恋エンドはお断り!敵国(?)同士だけど、王子と王女は幸せ婚を目指します』
イラストは北沢きょう先生です。

王子妃の座を争うライバルの王女が、実は他国の王子様!?
絶対に恋に落ちてはいけない相手、イズディハールを好きになってしまったルフィナ。
二人は人目を忍んで想いを募らせていく。
「何があっても、俺が守るから」
深い口づけと、敏感な部分を容赦なく責める巧みな指。声を殺して快感を受け止めれば、さらに愉悦が深まって――。お互いを信じ、周囲の協力を得て、最高の大団円へ!

(ティアラ文庫様公式HPよりあらすじ抜粋)

ヒーローの女装姿の凄まじい美麗さを、ぜひ挿絵でご確認頂きたい作品になりました!
いやもう、本当に見て欲しい……そこだけでもお願いだから見てください~!!(嘘です全部読んで欲しいです)
私にしては珍しい「やんちゃでちょっぴり強引なヒーロー」です。
ですがヒロインも芯の強い女の子なので、なかなか思うようには流されてくれません。
序盤は喧嘩ップルな雰囲気がありつつ、両想いになってからはラブラブで、でもお互いの立場が恋にのめり込むことを許してはくれなくて……な切なさもあるという、色んな要素盛り沢山なお話になりました。
こちらはすでに各種書店様、電子書籍ストア様で予約が始まっているようです。
気になる方はぜひ、ご予約よろしくお願いします。

どちらも私らしいお話になったと自負しております。
序盤や途中でハラハラすることはあっても、最後はにっこりハッピーエンド
気持ちの良い読後感を味わって頂けるよう、今回も頑張りました。
どうか皆様の素敵な読書ライフの一環を、彩ることができますように!


こんにちは。
急に寒くなってきましたね。皆様、お変わりありませんでしょうか。
相変わらずままならない日々が続いている状況ですが、
なんとか前向きな気持ちで乗り切っていけたら……と思っております。

さて今回の新作は、前回ティアラ文庫様で出させて頂いた「ずっとあなたを愛してた 王妃と侯爵」のスピンオフ作品です。
前作に頂いた感想では「国王陛下にも幸せになって欲しい」という声が多く見られました。私も構成上ざっくり削った例の事件のあれこれや、三人のその後を書きたい気持ちがあったので、とても楽しく執筆することが出来ました。
こうして形になったのは、皆様の温かい応援のお陰です。
本当にいつもありがとうございます!
新作も是非、楽しんで頂けますように。

書影はこちらです。

カバーを担当して下さったのは、前作と同じく天路ゆうつづ先生です。

見つめ合う二人の美しい横顔、幸せそうな表情、そして二人が出会う庭の背景と、全てが完璧で溜息の嵐です。
あまりの美麗さに、担当様から頂いたファイルを開いた瞬間、固まってしまいました。
前作の挿絵でも描いて頂いたルークが、カラーになってることにも感動してしまいました。
タイトルデザインも前作と対になっているんですよ~。
お手元にお持ちの方は是非、見比べてみて下さい!

公式のあらすじ

国王ルークの王妃となった伯爵令嬢フィリス。
幸せな新婚生活のはずが、偶然先王夫妻の凄惨な死の真相を知ってしまう。
彼には言えない――思い悩んでいると抱きしめられて!?
「何があっても離すつもりはない」
淫らなキスと愛撫で身体の隅々まで快楽を刻まれる。甘い絶頂の中、深い想いを受け止め、二人なら乗り越えられると感じたフィリス。
改めて彼とともに生きると決意して……!

前王弟の相談役だった伯爵の娘が、今作のヒロイン・フィリスです。
ルークのトラウマの原因となった事件に、ヒロインの父はどうかかわっていたのか。
前作をお読みの方にも今作が初めてという方にも、わくわくしながら読んで頂けるよう工夫しました。

発売は12月17日予定。
すでに書店様・各種サイト様で予約が始まっているようです。
お見かけの際はどうぞよろしくお願いします。